アレキサンドライトレーザーの安全性

脱毛アレキサンドライトレーザーの安全性とはいかがなものなのか、比較的稀であり、軽度のものがほとんどですが、一般的に言われている医療用レーザーでの脱毛後の主な副作用について、まずはご説明します。

よく言われるのが、火傷や水ぶくれです。医療用レーザーは出力が高い分、皮膚への影響も強く出ます。脱毛した直後は肌が赤みを帯びて火傷や水ぶくれのような症状になる事もあります。次に毛嚢炎です。これはニキビの事を指します。レーザー脱毛の強い出力により、毛穴が炎症をおこし、にきびみたいな症状になる場合もあります。ただ、これらの症状は先にも述べたように、一時的なものがほとんどで、症状も軽度で済むものが多いです。この他、万が一肌のトラブルが起きた場合でも、医師が迅速且つ的確に対応してくれるので、安心して施術を受けられます

アレキサンドライトレーザーでの脱毛も、このような症状が起きる場合があります。しかし、2000年にアメリカのFDAという公的機関で安全性が実証され、全ての肌質にも対応出来るとの認可を受けています。今も昔も、医療用レーザーの中では常にトップクラスの効果をもたらし、実績も積み上げてきました。医療従事者はもちろん、顧客の評判等からも見てわかります。1997年に日本に導入されてから最も採用されている医療用レーザーという点からも、効果、安全性共に、高い信頼を得ているからではないでしょうか。以上の事から、安全性は確かなものと言えます。(参考サイト→札幌中央クリニック / 医療レーザー脱毛