アレキサンドライトレーザーの安全性

脱毛アレキサンドライトレーザーの安全性とはいかがなものなのか、比較的稀であり、軽度のものがほとんどですが、一般的に言われている医療用レーザーでの脱毛後の主な副作用について、まずはご説明します。

よく言われるのが、火傷や水ぶくれです。医療用レーザーは出力が高い分、皮膚への影響も強く出ます。脱毛した直後は肌が赤みを帯びて火傷や水ぶくれのような症状になる事もあります。次に毛嚢炎です。これはニキビの事を指します。レーザー脱毛の強い出力により、毛穴が炎症をおこし、にきびみたいな症状になる場合もあります。ただ、これらの症状は先にも述べたように、一時的なものがほとんどで、症状も軽度で済むものが多いです。この他、万が一肌のトラブルが起きた場合でも、医師が迅速且つ的確に対応してくれるので、安心して施術を受けられます

アレキサンドライトレーザーでの脱毛も、このような症状が起きる場合があります。しかし、2000年にアメリカのFDAという公的機関で安全性が実証され、全ての肌質にも対応出来るとの認可を受けています。今も昔も、医療用レーザーの中では常にトップクラスの効果をもたらし、実績も積み上げてきました。医療従事者はもちろん、顧客の評判等からも見てわかります。1997年に日本に導入されてから最も採用されている医療用レーザーという点からも、効果、安全性共に、高い信頼を得ているからではないでしょうか。以上の事から、安全性は確かなものと言えます。(参考サイト→札幌中央クリニック / 医療レーザー脱毛

アレキサンドライトレーザーの特徴

綺麗になるアレキサンドライトレーザーの特徴をいくつか挙げてみます。まず、痛みが少ない、という事です。アレキサンドライトレーザーの脱毛では、冷却ガスを肌に直接噴射しながら脱毛を行います。その為、従来のように施術前に冷たいジェルを塗布する必要もなく、照射時に冷やしながら脱毛を行うので、痛みが軽減されます。

次に、照射範囲が広い為、短期間で施術が終わる事です。1回の照射面積は最大18mmと、レーザー施術の中では1番広く、1回に脱毛できる本数も20から30本で、一気に大量脱毛出来ます。照射時間も1回の照射が0.1秒で済みますので、短時間で広範囲の脱毛が可能です。アレキサンドライトレーザーでの一般的な脱毛期間は、1か月から2か月に1回、トータル5回から6回行います。もちろん体毛の濃さにもよるので個人差はありますが、比較的短期間で終わりに出来る事が可能です。

また、脱毛の他にも、レーザーはメラニン色素だけに反応し、皮膚に負担をかける事無くシミやそばかすなどを薄くし、毛穴の黒ずみなどの色素沈着への効果も得られます。その他、コラーゲン産生を促し毛穴やお肌を引き締める効果、にきび改善等、美肌効果の高い医療レーザーなのです。

脱毛の方法

女性ならではの悩みとして挙げられるのが、ムダ毛の処理です。煩わしいムダ毛の処理を無くしたい、肌に負担を掛けずに綺麗な美肌を手に入れたい、と願う女性は多くいる事でしょう。ここではムダ毛の処理の一つである、脱毛の方法についてご説明します。

自己処理脱毛にも色々な種類があり、今や、自宅でも簡単に行えます。自宅で出来る代表的なものが、ワックス、ローション、クリーム、家庭用脱毛器等です。これらは自分で行う為手間はかかりますが、手軽な料金で手に入れる事が出来、好きな時に好きな場所で行えます。家庭用脱毛器に関しては、値段に大きな開きがあります。また、使い方をマスターするのに時間がかかったり、個人差はありますが、痛みが強いものがあります。出力も低いため、効果があまり期待できないものもあります。基本的に自己処理は、アフターケア次第ではありますが、肌に負担がかかり、痛みを伴います。安全性と確実性を第一に考えるのであれば、サロンや医療機関で行う事をお勧めします。

サロンや医療機関での脱毛方法も、様々です。光、レーザー、電気など、他にも多くあります。基本的にサロンや医療機関で行うものは、肌への負担は少なく、痛みもあまり感じないものが多いです。また、1997年に日本に導入され、医療機関レーザー施術で、最も主流となっているのが、アレキサンドライトレーザー脱毛です。数ある脱毛方法の中でも、日本人の肌に良く合うと評判の高いレーザー脱毛です。アレキサンドライトレーザーはどういったものか、特徴や施術方法についてご説明します。